2006年08月31日

短歌blogの始めに

 たまゆらのいのち燃やせるほうたるは今蒼き火を消してながるる

 16歳のとき、初めて短歌を詠んだ。それは稚拙なものだつたけど、いまだにちつとも上達しない。理由は真剣にやらなかつたせゐでもある。誰にも習はず、古語や文法の勉強もしなかつた。
 数年前に古稀も過ぎ、体力や知力、気力すらも衰へがちの今になつて、やっと自分なりの短歌を追求していかうと思ふやうになつた。ボクの人生、いろいろなものを捨て去つた後には、きつと短歌だけが残るに違ひない。そのために、このblogをたてる。

                               2006年8月25日
         
             「素浪人Joe」 あるひは 「歌よみのJoe」こと 寺田 ゆたか   

posted by 素浪人Joe at 00:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 短歌blogのはじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。