2008年05月11日

鎌倉5首「潮音」5月号

s-P1070863.jpg s-P1070852.jpg P1070842.JPG 
   
   鎌 倉  
(「潮音」94-5号掲載5首)

ゆうらりと鳶舞ひてゐる鎌倉の駅の上なる碧き高まり

レース越しに春も入り来て聴いてゐるヴィオロンの音
(ね)のたゆたふサロン

腹切るは此処なりしかと見る矢倉八つ手の暝き色がかぶさる

日はあれど矢倉の奥に届かざり残りの雪に冷ゆる碑
(いしぶみ)

古都に合はぬかはゆき社
 川を背に蛭子神社はひそりと在しぬ

あまた立つ碑が辻説法をしてをりぬ生ける僧にはあらぬかなしさ

春浅い2月、鎌倉で知人のサロンコンサートを聴いたついでに、ぶらぶら散歩した。
滑川に沿つて行き高時の腹切矢倉まで行つてみた。そのときの吟である。


posted by 素浪人Joe at 00:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々に詠ふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は、この歌が好き

 ゆうらりと鳶舞ひてゐる鎌倉の駅の上なる碧き高まり

鎌倉は見るところ
歌に詠みたい所が一杯在って楽しそうですね

いい歌に感謝感謝
Posted by 磯 at 2008年05月12日 16:07
★磯さん
 わざわざ遠くから・・・あれnetぢゃ距離関係ないか(笑)

鳶がね、さうなんですよ。
鎌倉ではお天気がよいと、よくとんびが空で輪を描いてゐますよ。
Posted by Joe at 2008年05月12日 17:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。