2007年11月13日

甲麓庵歌會(鎌倉吟行)にて

sazanka.JPG
 
 くもり日の半僧坊の石段に いき はづませし ひとをわすれず

 山門の奥へ続ける甃(いしだたみ)しぐれにぬるる白きさざんくわ

10日マイミクの伯爵さんが主催する甲麓庵歌會に出席させていただきました。
会場はかつて前田侯爵邸であつた「鎌倉文学館」です。
そこでのJoeの詠草2首が上記です。

この會には、はじめて参加したのですが、面白いメンバーで年齢も歌風もさまざま・・・
定型、非定型。写実あり、前衛あり。入り乱れての和気藹々?
とても刺激をうけ、勉強になりました。



posted by 素浪人Joe at 00:59| Comment(8) | TrackBack(0) | 日々に詠ふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
文です。
お邪魔させていただきました。

やはり都会にいらっしゃると、様々な歌会のチャンスがあって面白そうですね。
批評は怖いけど、私に関して批判されるとがっくり落ち込んでしまいますけど、歌についての批評はその時落ち込んでも、何故まかたしぶとくよみがえります^_^;

漢字の上の句と平仮名の下の句の対比が面白い。
想い出の薄絹をまとっているようです。
Posted by 文 at 2007年11月15日 08:58
文様のところからやって参りました。
高知出身でいらっしゃるとか、同郷です。
皆様のように優雅なお歌は書けませんが、日記代わりに、短歌らしき物を作るのを趣味にしております。お暇には拙宅へもお立ち寄り下さいませ。 

いき はづませし ひとをわすれず

その人は白い山茶花のように清楚でろうたけた女人だったことでしょう
Posted by 六十路独り言 at 2007年11月15日 14:21
文さま 六十路独り言さま

土佐のお方が、同時にお二人もお訪ね下さって嬉しいです。ありがとうございました。

出身は追手前高校なんですが、20年間同窓会にも出ず、ややホームシック気味です。
望郷の歌も時々詠んでをります。
Posted by Joe at 2007年11月16日 00:40
私も追手前です!
joeさんと入れ違いくらいかな。
3年間、目立たず、部活もせず、遊ばず、勉強もせず、でした^_^;
時計台は懐かしいですね。プールが建物に囲まれる形になっていて、密かにあこがれていた水泳部の彼を、廊下の端っこで見てたりしました。
私の頃の追手前の男子は土佐女のガールフレンドがステイタスでした。
Posted by 文 at 2007年11月16日 08:51
おめでとうございます 今年も宜しくお願い致します 勉強しない生徒より
Posted by mui at 2008年01月02日 01:29
新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

私も今年はちょっとだけでも勉強したいと思っていますが、気持ちだけになってしまうかも・・です。
Posted by ひばり at 2008年01月04日 16:49
ひばりさん 明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。
また、いい写真をみせてください。 Joe

Posted by Joe at 2008年01月05日 19:12
muiさん ありがとうございます
今年もよろしくお付き合いのほどお願い申し上げます。 Joe
Posted by Joe at 2008年01月05日 23:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。