2007年11月11日

梁塵秘抄485番から

485番 恋しとよ君恋しとよ

『恋しとよ君恋しとよゆかしとよ 逢はばや見ばや見ばや見えばや』 (485番)

昔の人はこのやうに直裁に恋心を表現したんでせうね。
この小歌は形式こそ(575777)の和歌の形になつてゐますが、
心情の表し方そのものは、この時代の和歌にはない率直さがあります。

その点Joeの歌の方が屈折してゐる。ヤッパボクは現代人ですね。

ひと目見て石となるともメドゥーサのきみに逢はばや見ばや見えばや


ラベル:メドゥーサ
posted by 素浪人Joe at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 『梁塵秘抄』の言葉を借りて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。