2007年09月04日

梁塵秘抄359番から

asobi.jpg359番 遊びをせんとや

『遊びをせんとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけむ 
 遊ぶ子供の声聞けば 我が身さえこそ動がるれ』


さて、これは梁塵秘抄でも一番有名な歌なんですねぇ〜〜。
と、力んで仕舞つては好い歌も詠めません。
以下の通りでご勘弁を〜〜


今日もまた遊びをせんとや行くわれに訝しみつつ妻こづかひ呉れぬ


しかしまあ、なんとJoeの歌のセコイことセコイこと・・・

カミサン「どこへ行くん?」
Joe「ちょっと友達と打ち合わせや」
カミサン「ふ〜ん・・・おそなるの?」(と、野口英世を数枚差し出す)
Joe「いや・・たいしたことないわ、ほな行ってくるわるんるん

遊ぶ言ふても、別に悪所通ひをするわけぢやないんで・・・(笑)
堂々とすればいいのに、なんとなく言ひづらいもんです。 
ま、せいぜいそこらの飲み屋で悪童連と焼鳥で一杯やるくらい。ビール



posted by 素浪人Joe at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 『梁塵秘抄』の言葉を借りて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。