2011年06月20日

「潮音」2011年4月号出詠分

 

         IMG_1108.JPG


  音もなくそつとカーブを曲りきて嵐電は廣隆寺の前に留れり

  
  中京
(なかきやう)のイノダコーヒは盛りゐて若き囀りやまず続くも 
   
   
inoda.jpg


  
  曇り日の石塀小路ぽくぽくと歩めど今日は舞妓に会へず


      
IMG_0055.JPG 
            
これは去年京都に行つたときに会つた舞妓叶祐美ちゃん。
                某snsにおける友人の知人だ。最近はお天気おじさんの石原さんと共に
                製薬会社のCMに出てゐるので見た方があるかも。


  大和路の旅に出会へる駅の名に今日も酔ひたり此処は〈京終〉(きやうばて)

      京終は桜井線で奈良の次の駅。「終」といふから奈良市街はここで終りかと思ふと、なになにまだまだ家並みは続く。
      昔の平城京はここまでだったのか…。ゆかしい地名である。    
   


  京の友ゆ馬のはなむけに給はりし伏見の酒は既に底つく

    
ああ〜伏見の軟らかな口当たりの酒が飲みたいなぁ

posted by 素浪人Joe at 15:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々に詠ふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらで、はじめまして。(^o^)/

曇り日の石塀小路ぽくぽくと歩めど今日は舞妓に会へず


これすごく好きです。描き出される「作者」(男性)の雰囲気も好きです。

ちょっとしかまだ読ませていただいてませんが、どのお歌も、安心して味わわせていただいてます。

もっと早く知ればよかった。(*^_^*)
Posted by さゆらん at 2011年07月07日 09:08
さゆらんさん ご訪問ありがたうございます。
ま、ハチャメチャなところもありまして、
時には顰蹙を買ふ作品もございます。

お笑ひ下さいませ〜〜
Posted by Joe at 2011年07月09日 02:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/210857808
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。