2011年02月15日

「潮音」2011年新春20首詠入選歌−その4−

   
 
IMG_1120.JPG    
 

    #古都逍遙 −その4−


水n(すいびやう)を指(および)にさげて立ちませる悲母観音をみあげをり 孤り

塀越しに見ゆる八角円堂の夢殿の空に宝珠浮きゐる

黄金なす穂の絨毯を延べし先に三重
(みへ)なる塔の安けくも立つ

秋桜風になびきて斑鳩の小さきみ寺の九輪霞めり

街道を最終バスがやつてくる子規の柿の実食ふ暇(いとま)なし
  
     IMG_1176.JPG

  実をいふと一首目の悲母観音は実写ではない。ボクのイメージのなかにあるものだ。
  あへていへば光明皇后を写したといはれる法華寺の十一面観音だ。
  これは秘仏なんで公開の時期しか拝することはできない。この春には行つてみたい。
  この連作中には出て来ない法華寺だが、光明皇后を詠んだ秋艸道人の歌碑がここにある。

 ・ふぢはら の おほき きさき を うつしみ に あひ みる ごとく あかき くちびる  會津八一

 二首目は頭書の写真にある通り、三〜四首は斑鳩の法起寺のことである。
 法起寺の庭にはコスモスが揺れていて野趣のある景だった。 
 京から大和への旅は心の癒される旅であった。


posted by 素浪人Joe at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々に詠ふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。