2010年09月09日

「潮音」09年10月掲載


                 d0069838_1044890.jpg

  # 目刺しを食ふ


目を刺され晒し者なる干魚の身をあはれめば食ふに食はれず

繋がれて食はれる順を待ちてゐる土佐の目刺を頭から食ふ

(わた)苦き鰯食みつつ紀の国の秋刀魚詠ひし詩人を思ふ

頭から食めば目刺のほろ苦き腸の味はひ酒とよく合ふ

ほろ酔へばあはれみなどは吹つ飛んで旨し旨しと二ひき目を喰ふ

posted by 素浪人Joe at 04:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々に詠ふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ときどきうかがってました。
復活されて・・良かったです。
Posted by ひばり at 2010年09月09日 16:29
ありがと ひばりさん

なかなか満足する歌が詠めませんが、
みずみずしい心を失はぬやうに努力します。
Posted by Joe at 2010年09月10日 12:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161979121
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。