2009年11月23日

「潮音」09年8月掲載(その1)

               
               St.Moriitz.JPGSt.Moritzのテラスにて


 結社誌に長い間欠詠を続けてゐたので、先月(7月)に引き続き8月も2ヶ月分載せることを許された。
 
 8月号の前半が次の5首である。



  # 写し絵に…


 ひとり居も二十日を経たり写し絵に「ただいま」などと挨拶をして
 

 「おそいわね」空耳に声聞こえくる灯点せば妹の写真笑みをり

 
 骨壷に入りて吾妹はすましゐる さほどに壷は住みよきものか
 

 居る筈もなけれど亡妻
(つま)の瞳(め)を欲りてスーパーストアの売場さまよふ
 
 
 千の風にならずともよしひと吹きの桜ふぶきとなりて我に来
(こ)




posted by 素浪人Joe at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々に詠ふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。