2008年11月04日

「めめしさ」について

このところ、情の本質を「めめしさ」とした本居宣長の主張に共感してゐる。

彼はいふ。「しごくまつすぐに、はかなく、つたなく、しどけなきもの」にこそ価値があるのだと。

"やまとうた”の根本がそこにあるならば、ボクも恥かしがることなく、
改めて堂々と「めめしさ」を追求してみやうと思ふ。


少年の頃兄に言はれた言葉を思ひ出す。
「お前はめめしい、文弱の徒だ」と。
この言葉がトラウマとなつて、こんな齢まで身に染み付いてゐたやうだ。


さてと、開き直つて「めめしさ」を表現した歌をいつぱい詠んでみやう。


めめしい例とは言ひ切れないが、たとへば萬葉集の次のやうな歌、


 ・わが屋戸のいささ群竹吹く風の音のかそけきこの夕べかも  大伴家持


この境地まではなかなか到達できまいが、目標は高い方が良いだらう。

めめしく、しどけなく、頑張つてみやうか、と思ふ。



ラベル:本居宣長
posted by 素浪人Joe at 01:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 歌について思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
joeさん 先日は温かいお言葉とお歌ありがとうございました 
小さかった時の言葉思いがけなく鮮烈によみがえる時がありますよね いよいよ本領発揮なさってくださいね 
Posted by mui at 2008年11月05日 07:46
ますらおぶりより、たおやめぶり・・・でしょうか。
かそけさの追求・・・いいですね。
Posted by 内田かおり at 2008年11月08日 15:55
muiさんありがたうございます。
よれよれですが、何とか生きてをりますよ(笑)
Posted by Joe at 2008年11月11日 03:47
深海さん レス遅くなつてすみません。
元来ボクは女々しさが似合つてるやうですよ〜
ふふっ
Posted by Joe at 2008年11月11日 03:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。