2011年11月12日

「潮音」2011年9月号出詠分

  
      # 手 術 


  身の底に穴のあきたる自覚
(おぼえ)ありてボコリと腸(わた)がとび出してくる

   
鼠径部にヘルニアが出たといふので入院した。ほんの軽いオペであつたが4日ばかり入院した。


  
  
廊下にも病院臭はただよひてナース足早に去りゆく音す

       ボクは殆ど入院といふ経験がないけど、入ってみて寝ていると、
   カミサンの看病で病室に付き添った日々のことを思ひ出すのであった。
   為すこともなく寝ているとナースが廊下を行く足音さへ妙に淋しく聞こえた。
 


  
  
DNAを持ちて別るる細胞をいのちとや言はむ 不可思議なこと


 
カーテンを隔つる患者の話すこと聴きとれぬまま午後をまどろむ


 海に落つる眞赭
(まそほ)
の陽影身に染みてやがてわが血も浄くなりゆく
 


 以下は掲載されなかつた作2首

     
起き伏しのかろき目まひをいぶかしむ こは回天のきざしならむか

   
眩暈なんて回天のきざしどころか、むしろ死に至る病のきざしではないかと思ふのだが…
 

  
 
  けふひとひ透らぬ窓の内にゐて乳白色(ちちいろ)の影を夢に見てをり

       





posted by 素浪人Joe at 02:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々に詠ふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。