2008年07月13日

061: @ (寺田ゆたか) 

@マーク見るたびきみの瞳(め)を欲りぬメール届かぬこの夏の日々


posted by 素浪人Joe at 13:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 題詠100首2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

060: 郎 (寺田ゆたか)

幸四郎の弁慶かなし関越えてうつつにあらぬ海鳴りを聞く
posted by 素浪人Joe at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100首2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

059:ごはん(寺田ゆたか)

炊きたてのかやくごはんのやさしさは例へば母の頬つぺへのキス
ラベル:かやくごはん
posted by 素浪人Joe at 13:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 題詠100首2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

058: 帽 (寺田ゆたか)

戦闘帽かぶりてゐたり夏休み暑きその日の少年のわれ
ラベル:敗戦 8月15日
posted by 素浪人Joe at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100首2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

057:パジャマ(寺田ゆたか)

絹やはきパジャマに手触れ思ひ出づ地震(なゐ)襲ひたる四川の街を 
ラベル:震災 四川
posted by 素浪人Joe at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100首2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。