2008年06月09日

041:存在(寺田ゆたか)

それだけのただそれだけの存在と思ひぬ水と蛋白と骨


ラベル:人体 存在
posted by 素浪人Joe at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100首2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

040:粘 (寺田ゆたか)

粘り強く守りてチャンス待ちしのみわが過ぎ越しの省エネゲーム
ラベル:守り
posted by 素浪人Joe at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100首2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

039:王子 (寺田ゆたか)

若王子(にゃくわうじ)神社に若きプリンスは在(おは)さず梛木がひともと立てり
ラベル:若王子 梛木 京都
posted by 素浪人Joe at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100首2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

038:有 (寺田ゆたか)

憂愁のBlueこそわれにふさはし 有終の美なぞ来ると思はず
ラベル:憂愁 有終
posted by 素浪人Joe at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100首2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

037: V (寺田ゆたか)

V字型に景気回復せしころは意気軒昂の若人なりし
ラベル:V字型 景気
posted by 素浪人Joe at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100首2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

036:船 (寺田ゆたか)

高みより大船映画の盛衰を目守りて坐せる観音の笑み
posted by 素浪人Joe at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100首2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

035:過去 (寺田ゆたか)

過去れば苦しきことは忘れ果つまなじりの皺深くなるのみ
ラベル:過去 まなじり
posted by 素浪人Joe at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100首2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

034: 岡 (寺田ゆたか)

岡の辺に愁ひて発句(ほく)を案じゐる蕪村の肩にさくらばなちる
ラベル:蕪村 発句
posted by 素浪人Joe at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100首2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

033:すいか(寺田ゆたか)

ごみ箱に投入れやすいかなしみをきみは笑ひぬ「お天気屋ね」と
ラベル:ごみ箱
posted by 素浪人Joe at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100首2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

032:ルージュ(寺田ゆたか)

寺の鐘聞きつつ下る異端者のわれ待ち受くるルージュの風車
posted by 素浪人Joe at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100首2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

031: 忍 (寺田ゆたか)  

忍冬の蘂(しべ)のゆらぎのかそけさを愛(かな)しと思ひて歩みとどめぬ
ラベル:忍冬 すいかずら
posted by 素浪人Joe at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100首2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。